SHIMAKURA  JIN

島倉 仁  SHIMAKURA Jin

 

1940年新潟県生まれ。中学生にして新潟県美術展に入選し、続いて文部大臣賞、郵政大臣賞を受賞。1960年版画の勉強の傍ら上京。東宝(株)に入社。黒澤明、岡本喜八、伊丹十三、大林宣彦監督作品に参加。1981年東宝(株)を退社、アトリエ主宰。映画やCM制作の他に、全国の博物館から内装壁画の依頼を受ける。テレビ、ラジオ等マスコミに注目され「空の島倉、雲の島 倉」を不動のものにする。1992年 「日本アカデミー賞協会特別賞」受賞。1993年 第一作『トレメンダス』発表。初の原画展を横浜インターコンチネンタル ホテルで開催。以降、東京、 横浜、名古屋、大阪、福岡等全国各地で展覧会を行う。

 

空を描かせたら右に出るものはいない。空を描く。雲を描く。写実を超えた島倉の風景。

島倉の描く空は、大林宣彦監督に「島倉さんの雲は汗をかいている」と賞賛され、黒澤明監督を「これだ!ありがとう」と納得させた。

幾多の映画監督、アートディレクターが絶賛する中、黒澤明監督作品『まぁだだよ』の夕景作品が認められ、『日本アカデミー協会特別賞』を受賞。その夕景は『まあだだよ』のエンディングに使われ、背景美術の範疇を超え、芸術へと昇華した。

1993年、自らの作品を制作し、第1作目『トレメンダス』を発表。

第1弾4部作は大きな反響があり、版画、ジグソーパズル(4社より)、ポストカード等関連商品が販売された。

制作活動は広がり、新潟県寺社・福隆寺の襖絵を奉納。仏教の伝来を描いた、その雄大な風景は来訪者を驚かせている。

岡本喜八監督や市川崑監督のお別れのセレモニーでは背景装飾を手掛ける。特に岡本監督は「島倉さんの作品で送ってくれ」と遺言を残された。

1996年、NHKスペシャル「生命」にて、国際エミー賞受賞。2005年、東京国際映画祭にあわせて行われた文化庁映画祭において、文化庁映画功労賞を受賞。2008年、優れた技術により舞台美術の重要性を確立した業績に対して、倉林誠一郎記念賞受賞。2015年、「60年の長きにわたり、背景美術の描き手として活躍し、雲の描き手として斯界においては第一人者」と高い評価を受け、ものづくり日本大賞において内閣総理大臣賞受賞

空の画家としてNHK「ザ・プロフェッショナル」、TBS「ニュース23」、テレビ朝日「報道ステーション」等、テレビでも取り上げられ特集が組まれた。

現在まで150作品を超える原画を発表。そのテーマを空や雲から、富士、桜、滝、海と広げ、魂を込め精力的に制作活動を続けている。

受賞歴

1992年 日本アカデミー賞協会特別賞

1993年 国際エミー賞

2005年 文化庁映画功労賞

2005年 映画の日 永年功労賞

2008年 倉林誠一郎記念賞

2015年 ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞